在宅きまぐれノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の横顔 君の横顔 君の横ばかりを見てる

f:id:oktn7260:20151009005055j:plain

「演劇女子部 ミュージカル 恋するハローキティ

去年(2014)のJuice=Juice主演舞台です。

 

言い忘れてましたが、ブログ主のハロプロ内での一推しは宮本佳林(Juice=Juice)さんです。

 

 

事の始まりは静岡朝日テレビ「コピンクス」。

話すと長くなるので簡単に言うと、この番組のキャラクター“コピンク”に扮した佳林ちゃんは、ハロプロ歌唱とは少し違う明るめ(可愛め)な歌声を使って、ファンタジー要素強めな楽曲を歌ってます。

 

今回の主題とはちょっと違うので、気になる方は存分にググってみてください。

(また別の機会で書いてみたい…)

 

 

なんでいきなりこんなマニアックな話から入るかと言いますと、個人的な見解ですが、今回の舞台もそのコピンクに近いものがあって、佳林ちゃんの個性が爆発してると思うんですよ。

 

www.youtube.com

 

舞台のリード曲「Shooting Star」

タイトルだけでなにこの良曲感。

  

スマイレージのシューティングスター然り。(ついでにリンク↓)

ちなみにこのブログのタイトルが分かる方はれっきとした初期スマヲタです。

 

www.youtube.com

 

 

自分はこの動画を見て舞台DVDを買うに至ったわけですが…

 

いや、いい。

めっちゃ素敵。

 

マノフレなんで、当初はリメイク版のこの舞台を認めたくなかった気持ちもあったんですが、普通に好きな感じでした。

ミュージカルってせこいですね。

 

個人的には「リリウム」や「サバイバー」のようなダークで懐疑的な舞台も大好物だったりするわけですが、こういったハートフルな舞台はアイドルが演じる意義が強く感じられます

 

 

こっからはネタバレもあったりするので、お気をつけください。

ーーー

まずね、Juice=Juice5人の配役が完璧でした。

 

宮崎さんは、謎の方言ばりばり神様でインパクト強かった。元々の性格も手伝って、登場人物全員を包み込んでくれる雰囲気が好印象でした。歌も上手くなってるし。

 

かなともは、ただのイケメン。ドSさが微塵もないただの人気者。男役させたらあの声がいい感じのイケボになってました。本人がノリノリで役に挑んでたのが安易に想像できる…。

 

さゆきは、なんなら一番役にはまってたかもしれない(笑)。いじめっ子なんですけど、猿山の女の子達のボスって感じがあらゆる角度から滲み出てましたね。今回Juice=Juiceでは唯一の悪役でしたが、良い味出してました。

 

あーりーは、結構体当たりな演技してたのできっと大変だったと思う。その分観る側としては惹き込まれました。根はいい子なんですけどちょっと情緒不安定で擦れ気味…って、本当にああいう美形女子にありがちな感じかも(笑)。

 

佳林ちゃんは、アクが強かった(←)。観る人が観ればちょっとあれかもしれませんが、あれが出来るのも佳林ちゃんだからこそって気がします。純粋無垢でただひたすらピュアなイメージを持つ人じゃないとサンリオの誇るキャラ“キティ”は演じさせてくれないわけで、そういう意味で本当に相応しいと思います。

 

 

とまぁ、そんな感じで個性溢れる舞台でした(笑)。

全体的にハートフルな雰囲気なので、ファンの方だけでなく、気軽に舞台鑑賞したい方なら間違いなく楽しめるんじゃないかと思っています。

 

 

ーーー

 

 

YouTubeのコメント欄を少し引用します。

「ミュージカルの良し悪しを決めるのは音楽」というような意見がありましたが、こればかりは首を縦に振るしかなかったです。

 

 

DVD付属のCDには劇中歌が全て収録されていますが、もうね、ずっと聴いてます。

一曲目の「Hello!」とか何も見ずに全部唄えるレベルで聴いてます←

 

 

舞台好きなハロヲタさんの間では知らない人はいないと思われる、この舞台の曲全てを作曲した和田俊輔さん。

 

twitter.com

 

最近のH!P関係の舞台にはこの人が絡んでることが多いようです。

≪以下関連作品≫

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

 和田俊輔 - Wikipedia

Wikipediaを眺めてみるとなかなか幅広い方なんですね。

しかも音楽は独学で勉強したとか…。

 

それに近畿大学卒業とか、ある意味思いっきりつんく♂さんのイズム継いでますね。

 

 

 

 

この和田さんが手掛けるファンタジー要素強めな劇中歌がキティの世界にマッチして、ただひたすらに惹き込まれました。素晴らしかったです。

またそれを佳林ちゃんが歌うことで、舞台も人も相乗的に魅力が倍増してるような気がしました。俗にいう松田聖子ってやつ。

 

↓これとかぶっちゃけCD音源よりライブver. の方が良いですし。

www.youtube.com

 

…今観ても鳥肌立つレベル。

 

上の動画のように少し辛い場面もあり、可愛い題材の中にも人間の持つ複雑な心情を分かりやすく取り入れた、少し考えさせられるまとまりの良い舞台だったように思います。

 

またひとつ素敵な作品に出会えました。

 

 

ではまた!

 

 

oktn

 

*Today's Song*

アイラビッツ / はじまりのハッピーエンド - YouTube

ーーーーーーーーーー

Twitter:@burial_xxx(https://twitter.com/burial_xxx

YouTubehttp://m.youtube.com/#/user/atgc7260