在宅きまぐれノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What is IDOL?-③人-アイドル-を「想う」ということ-

アイドルに寄り添った人生

 

 

私がアイドルと出会ったきっかけは、

多くの人と同じくモーニング娘。でした。

 

当時、私はまだ小学校低学年でしたが、

家族一丸となって

どハマりしていたということもあって...

 

ハロプロのコンサート映像は勿論、

ハロモニうたばんなどの番組は、

ビデオが擦り切れるほど見た記憶があります。

 

余談ですが、小学生ながらに

シェキドル「全体的に大好きです。」(2001)や

平家みちよ結局 Bye Bye Bye(2001)が

大好きでした(笑)。

 

 

 

 

 

 

物心付いた頃から

アイドルが日常生活に溢れていて

ぶっちゃけてしまうと、

当時から今まで、

アイドルのことを考えていない日はありません()

 

そんな少し特殊な環境で育ったこともあり、

こんな厄介なヲタクが生まれてしまいました...。

 

 

 

 

 

 

 

勿論、

最初から「ヲタク」と呼ばれるほどの

実力()は備えていません。

 

ハロプロと出会い、

真野恵里菜と出会い、

ハロ研と出会い...。

 

正直、つい最近まで自分がヲタクであることは

公言していなかったのですが、

 

色んなターニングポイントを通して

本当の自分を見つけることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこと言うのも変な話なんですが、

自分の中で「アイドル」というのは

暮らしの軸と密接に関わっていて、

思っている以上に大事な存在なんです。

 

それゆえに、

元々の在宅力と相まって、

どうしても色々な思考が頭の中を

巡らざるを得ない状態でした。

 

そして、

いつもその探求心の行く付く先は...

 

「アイドルって一体何なの...?」

 

という漠然とした疑問でした。

 

 

 

 

 

 

アイドルとは...

  • 人を笑顔にする存在。
  • 活力を分け与えてくれる存在。

 

ネットや雑誌でも色々な形で表現されています。

 

 

 

 

実際どれも納得できるものなのですが、

学生の終わりが見えてくると同時に、

やっと私の中で一番しっくりくる

答えを見つけることができました。

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

アイドルとは...

人の心に「豊かさ」を

与えてくれる存在

 

 

であるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルの一番大きな存在意義は、

はっきり言ってしまうと

疑似恋愛の対象です。

 

 

疑似恋愛というと響きは悪いかもしれません。

ですが、

人を大切に「想う」行為自体は、

人として最も大事なことの様に

私は思うのです。

 

 

 

 

そう。

アイドルヲタクの場合、

鉄道ヲタクやアニメヲタクなどの

他のヲタクと違って、

興味の対象が実在する「人」

なのです。

 

 

 

 

 

 

推しのことを

尊敬したり

見習ったり

あるいは、ストレートに

大事に想ったり...

物ではなく人を対象にあれこれ考える中で、

 

その人に影響を受けて

自分自身に何らかの変化が起こった

という現象は、

 

もしかすると既に経験された方も

多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

しかし、それは一般の芸能人を

対象にしても起こりうること。

 

アイドルではそれに加えて、

疑似恋愛をベースにした

「愛」に限りなく近い感情

が存在することがあるように感じます。

 

 

 

 

 

 

近年、

握手会などの普及により

アイドルへの距離が縮み、

歪んだ愛が事件を引き起こした

ケースもありましたが...

 

私は、

卒業を控えた一人のアイドルを追って

最後まで全力で応援し、

綺麗な燃え尽きを見せたヲタクたち

を何人も見てきました。

 

一人の人間を

心の底から大事に想うことなんて、

長い人生においても

非常に限られている気がするんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間からアイドルヲタクが何と言われようが、

私は、そんな

愛のままに動ける「ヲタク」

のことが、かっこよくて仕方ありません。

 

そして、

 

努力して努力して...

ステージ上で強い輝きを放ち、

見る人の心を動かすことのできる、

あるいは、

ファンに強く想われる

希少な職業「アイドル」

のことを尊敬せずにはいられません。

 

 

あなたがアイドルを好きになったきっかけはなんですか?

 

ヲタクとアイドルの数だけ

出会いがあって、物語があります。

この質問をする度に知ることができる

ヲタクの熱い想いは、

これからも一番の興味の対象になることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルヲタクを通して得た

「豊かな心」

きっと生涯の宝物になるはずです。

 

 

 

だから、

どうか恥ずかしく思わないでください。

可能ならば胸を張ってください。

誰にでもできる経験ではありません。

 

もし、まだ本当の「好き」を

見つけられていなかったり、

思う存分行動に移しきれていない場合は、

是非ともヲタクを謳歌してほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

一途に自分の「好き」を追うことができた

学生時代に悔いはありません。

 

きっと別の人生を歩むこともできたんでしょうが、

それこそアイドルを謳歌した少女たちと同じで、

たった一度の青春時代をヲタクとして過ごせたことを

誇りにすら思っています。

 

その中でたくさんの素敵な出逢いが

あったことも含めて、

かけがえのない学生生活でした。

 

 

 

 

 

 

 

関わった全ての皆さん、

そして、

こんなブログを最後まで

読んでくださった皆さんに、

心よりの感謝を込めて…

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

本気の在宅ヲタク業は今回のブログを以って

幕を閉じたいと思います。

 

今後は、

「推す」→「応援する」

の次にある

「見守る」の立場から

アイドルヲタクを楽しみたいと思います。

 

 

 

それでは、

また逢う日まで。

 

 

 

2017.03.31

oktn